VIO脱毛に行く前のシェービングの方法を徹底解説!

VIO脱毛に行く前のシェービングの方法を徹底解説!

VIOは、人気の脱毛部位のひとつです。

VIOとは、Vライン、Iライン、Oライン、トライアングルの総称です。Vラインとは、下着や水着を着て正面から見たときに、Vの字のライン周辺にあたる部分のことです。Iラインとは性器周辺、Oラインとは肛門周辺をいいます。トライアングルとは、Vラインの内側の逆三角形にあたる部分をいいます。

光脱毛を受ける場合、施術部位の毛は全て剃っておく必要があります。ただ、VIOは、自分では見えにくく、手が届きにくいことから、自分で剃るのはムズカシイです(汗)

そこで、このページでは、ミュゼ・プラチナムでVIOの脱毛をしている私の実体験を踏まえながら、シェービング方法について詳しく解説します。

なお、実際の写真を見るのに抵抗がある方は、ご注意ください!

光脱毛の前に、シェービングが必要な理由とは

まず、光脱毛を受ける際、事前に施術部位のアンダーヘア(陰毛)を剃っておかねばならない理由についてお話ししますね。

光脱毛は、黒に反応する光を用いた脱毛方法です。毛の黒い色素に光を集中させ、毛根部分にある発毛組織である毛母細胞に熱ダメージを加えることで、その機能を弱らせ、毛を目立たなくしていきます。

光脱毛の前に、シェービングが必要な理由

その際、毛が長い状態では、光エネルギーが分散して毛母細胞に十分なダメージを与えることができません

また、肌から出た部分の毛に熱が加わった場合、それが直接肌に触れれば、やけどをする危険が高いです。毛穴の中であれば、毛の周りを皮脂が満たしていて、毛が直接肌に触れることはないことから、やけどの心配はありません。

効果的かつ安全に光脱毛を受けるためには、アンダーヘアは事前に自己処理しておくことが必要です。

なお、毛は必ず「剃って」処理することが大切です。上述の通り、光脱毛は、黒に反応する光を用いた脱毛方法です。

毛抜きなどで毛を抜いたり、脱毛クリームなどで溶かしたりする処理は、光が反応する「黒」を全て取り去るのと同じです。そのような方法でムダ毛を処理した肌に光を照射しても、脱毛効果はありません。

毛抜き・脱毛クリームでの処理では、光脱毛は無効

このように、光脱毛の性質上の理由から、光脱毛を受けに行く際は、事前に施術部位の毛は全部剃っておく必要があります。

シェービングの準備

では、VIOのシェービングを行う際、どのような準備が必要でしょうか。ここからは、シェービングをする際の準備についてお話しますね。

準備①陰部を清潔にし、温めておく

肌トラブルを防ぐため、シェービングの前に陰部を清潔にし、温めておくことが大切です。

陰部を清潔にする

シェービングする前に、陰部は清潔にしておきましょう。

事前に陰部を清潔にしておくことで、シェービング中にできた細かい傷に雑菌が入るのを防ぐことができます。肌に赤みがあったり、腫れたりしているなど、炎症のある肌では、サロンに行っても施術を受けることができません。

具体的には、シェービングの前にお風呂に入り、陰部を石鹸で洗いましょう。そうすれば、肌の表面の雑菌をかなり洗い流すことができます。そして、お風呂上がりにシェービングするのがベストです。

VIOのシェービングの準備:陰部を清潔にする

なお、浴室でシェービングするのは、控えましょう。浴室は、雑菌が無数にいます。そのような場所でシェービングをするのは危険です。

また、シェービングの前には、手を石鹸で洗っておくことも大切です。手を清潔にしておくことで、手を通してばい菌が陰部に付くのを防ぐことができますヨ。

陰部を温めておく

シェービングの前に陰部を温めておくことも、肌トラブルを防ぐのに効果的です。

陰部を温めておくことで、シェービングの際に細かい傷ができるのを抑えたり、毛を剃りやすくしたりすることができます

皮膚や毛は、「ケラチナミン」というタンパク質でできています。ケラチナミンには、温まると柔らかくなる性質があります。柔らかい皮膚と毛であれば、シェービングの際、手やシェーバーと皮膚との間の摩擦が起こりにくく、スムーズに剃り進めることができます。

陰部を温める具体的な方法としては、陰部を清潔にする方法と同様にお風呂に入るのがベストです。陰部は、凹凸が激しい部位です。全体をしっかり温めるには、お風呂に入るのが最も有効です。

VIOのシェービングの準備:陰部を温める

このように、シェービングの前の準備としてお風呂に入り、陰部を清潔にし、温めておけば、肌トラブルが起きるのを抑えることができます!

準備②道具を用意する

ここからは、シェービングのために用意する道具について、お話しします。

道具①シェーバー

陰部は凹凸の激しい部位です。そのため、シェービングの道具として、必ず「電気シェーバー(電動シェーバー)」を用意しましょう

普通のカミソリでは、肌を傷つけてしまう危険があります。一方、電気シェーバーであれば、肌に刃が直接触れる心配なく、安全に毛を処理することができます。

シェーバーは、フェイス用もしくはボディ用のものを用意しましょう。

私がVIOのシェービングするときは、パナソニックが製造しているフェリエのボディ用シェーバーを使っています。フェイス用シェーバーより刃の耐久性が優れていることから、ボディ用を選びました。

panasonicの電機シェーバー:フェリエ01

ヘッドの部分がしなる造りになっていることから、肌のラインに添って剃ることができます。

panasonicの電機シェーバー:フェリエ02

ただ、銀座カラーやTBCは、サロンでシェービング・サービスを受ける際の条件として、「フェリエのフェイス用シェーバーを持参すること」と定めています。これらのサロンで脱毛をする場合は、フェイス用シェーバーを購入して下さいね。

道具②鏡

VIOのシェービングには、鏡の利用も欠かせません。

VIOは、自分では見えにくい部分です。安全に、剃り残しなくシェービングするには、鏡でしっかり確認しながら行う必要があります。

鏡は、必ず角度の調整ができるタイプのものを使いましょう。鏡を立てたときだけでなく、横にしたときも、角度を保てるものの方が使いやすいです。

VIOは範囲が広いため、鏡は大きめのサイズのものを使うことをオススメします。私は、鏡の面が縦20cm横14cmのものを使っています。

VIOのシェービングの道具:鏡

大きめの鏡であれば、陰部が見やすく、しっかり確認しながらシェービングすることができますヨ。

道具③ハサミ

ハサミも、必ず必要なアイテムです。

毛が長い状態のままでシェービングをしようとすると、シェーバーの刃を毛の根元にしっかり当てることができず、うまく剃ることができません。シェーバーの振動が毛に伝わり、痛みを感じることもあります(汗)

そのため、毛は、ハサミを使って、あらかじめ短くカットしておくことが大切です。

ハサミは、小さめのサイズのものが使いやすいです。また、肌を傷つけないよう、刃先が丸くなったものが良いでしょう。

VIOは、かなり凹凸が激しい部位です。特に、Iラインの粘膜の近くや、Oライン、トライアングルの凹んだ部分、Vラインの脚の付け根のカットの際は、大きなハサミの操作がしづらく、先の尖ったハサミでは危険です。

そのため、小回りが利き、刃先が肌にぶつかっても大丈夫なハサミであれば、安心してカットすることができます。私の場合は、手芸用のハサミを使ってカットしています。

VIOのシェービングの道具:ハサミ

道具④消毒用のアルコール

アルコールは、シェービングをした後、道具を消毒するのに使います。

シェーバーの刃など、気になる部分を消毒しておけば、次回も気持ちよく使うことができますよね。雑菌の繁殖を抑え、肌トラブルを防ぐのにも有効です。

消毒用のアルコールは、薬局などで購入することができますヨ。

VIOのシェービングの道具:消毒用アルコール

道具⑤ティッシュ

シェービングで剃り落としたムダ毛を受けるため、シェービング中は下にティッシュを敷いておくと良いです。また、道具を消毒する際、アルコールを含ませて拭くのに使うこともできます。

VIOのシェービングの道具:ティッシュ

道具⑥バスタオル

VIOのシェービングは、ズボンやパンツを脱いだ状態で行います。剃る部位によっては、床にあぐら座りになって、シェービングを行います。

このとき、直に床に座るのを避けたい場合は、バスタオルを敷いておくと便利です。

VIOのシェービングの道具:バスタオル

また、床がフローリングの場合、上述したティッシュを床に置いておくと、少しの空気の流れでティッシュが舞い上がり、剃り落とした毛が散らかる可能性があります。

そこで、バスタオルを敷いておけば、フローリングよりも摩擦が強いため、ティッシュの舞い上がりを抑えることができます。(←コレ、けっこうポイントです、笑)

シェービングの方法

ここからは、VIOのシェービング方法について解説していきますね!

基本的な剃り方

まず、基本的な剃り方について解説します。

ステップ1 ハサミで少量ずつカット

シェービングの前に、アンダーヘアを7mm前後の長さにカットします。具体的な切り方としては、少量ずつつまんでカットしていくと良いでしょう。

VIOのシェービングの前にハサミでカット

ステップ2 シェービング

次に、シェーバーで毛を剃っていきます。このときのポイントは、毛の生えている向きに逆らって剃ることです。

脱毛を受けるには、毛を根元から剃っておく必要があります。例えば、ミュゼ・プラチナムで施術ができる毛先の長さの目安は、1~2mmです。銀座カラーの場合は、1mmです。

VIOのシェービングのポイント

ヘッドが当たるなどして、肌に赤みが出やすい人は、脱毛に行く2日前にシェービングすると良いでしょう。

2日前にシェービングをしても、急に毛が伸びる心配はありません。安心して下さいね。アンダーヘアの伸びるスピードは、1日につき0.2mmです。毛を根元からしっかり剃ることができていれば、2日前に剃っても、十分施術は受けられますヨ。

毛の流れに逆らって剃るには、適宜、シェーバーを持ち替えて刃の向きを調整すると良いです。

電機シェーバーの持ち替え

肌を傷つけないように、適宜、外側に肌を引っ張って、表面をピンとさせながら、少しずつ剃っていってくださいね。

部位別の剃り方

では、部位別に剃り方について、詳しくお話ししていきます。

Vライン

Vラインは、VIOのうち、最もシェービングがしやすい部位です。

あぐら座りになって、肌の表面がピンとなるように、適宜、脚や上体の角度を変えながら剃っていきましょう

トライアングルも脱毛する場合は、範囲を気にせず全体的に剃ります。

トライアングルの脱毛をしない場合は、各サロンでもらえるVラインの脱毛用のプレートを当て、プレートからはみ出す両サイドの毛を剃り落とします。正確に剃るには、プレートを体に当て、水性のマジックで目印をつけておくと良いでしょう。

Vラインのシェービング用のプレート

ただ、1~2ヶ月に1回のペースで脱毛をしていくなら、2回目以降はトライアングルの毛と明らかに長さが異なることから、見ただけでシェービングする範囲が分かります。そのため、プレートを当てるのは、初回のシェービングのときのみで済むでしょう。

トライアングル

トライアングルの場合も、あぐら座りで剃っていきましょう。

「トライアングルの毛を全部なくしたい」または「トライアングルの毛質を変えたい」という場合、トライアングル全体に光を照射することになります。この場合、トライアングルに生えている毛を全部シェービングして処理します。

「好みの形に整えたい」という場合は、毛をなくす部分のみシェービングすればOKですヨ。

トライアングルを全部剃る場合、シェービングで最も剃りにくい部分は、Iラインに移行する直前の凹みです。この部分は左右の毛が向かい合うように生えていて、毛量も多いことから、非常に剃りにくいです。

凹み部分は、ハサミで事前に毛を短くカットして、肌を左右に軽く引っ張りながら剃ると、やりやすいですヨ!

トライアングルのシェービングのコツ

Iライン

Iラインは、Vラインの次に剃りやすい部位です。凹凸が激しくないことから、比較的スムーズにシェービングを進めることができます。

具体的なIラインの剃り方としては、鏡を床に置いて角度を調整し、鏡に向かってM字開脚でしゃがんだり、座ったりして、Iラインを鏡にしっかり映し出して剃るのがポイントです。

iラインの剃り方

光脱毛では、粘膜ギリギリまで光を照射してもらうことができます。そのため、シェービングも、粘膜の境目までしっかりしておきましょう。

シェーバーのヘッド部分が陰部のヒダに当たって剃りにくい場合は、適宜ヒダを押さえながら剃るとやりやすいです。

Oライン

Oラインは、VIOの中で最も剃りにくい部位です。Oラインは、お尻の奥の部位にあり、見にくく、手も届きにくいからです。

Oラインのシェービングでは、鏡を床に置いて、Iラインのときと同様にM字開脚になり、さらに片膝をつき、上体を後ろに反るなどして、肛門部分が鏡にしっかり映るよう角度を調整しながら剃っていきます

Oラインは、見えにくいだけでなく、毛の流れも複雑です。シェーバーを小刻みに動かし、時々持ち替えることもしながら剃っていきましょう。そして、手で触って、剃り残しをチェックしましょう

このように、VIOの毛は、鏡にしっかり映るように姿勢を変えたり、剃りやすいように肌を引っ張ったり、シェーバーの持ち方を変えたりしながら剃っていきます。

たしかに、初めてのシェービングは大変です。ただ、繰り返すごとに慣れていきます。実際、私が初めてシェービングをしたときは、1時間かかりました(汗)しかし、3回目以降には、20分程度で済むようになりました♪

シェービングを繰り返し行っていけば、確実に上手になっていきます。少しずつ慣れていきましょう。

サロンで剃ってもらうこともできます

自分でシェービングをしても、どうしても剃り残しができてしまう人もいると思います。その場合、脱毛サロンで剃ってもらうこともできます

シェービング・サービスの内容は、サロンによって異なります。

各サロンのシェービング・サービス

  • ミュゼ・プラチナムでは、Oラインの毛は無料で剃ってくれます。Oライン以外についても、多少の剃り残しであれば、無料で剃ってくれます。
  • 恋肌(こいはだ)の場合は、VIOのシェービング・サービスは、基本的には行っていません。ただ、プランによっては、1部位につき800円で手伝ってもらうことができます。
  • 銀座カラーの場合は、サロン指定のシェーバーの持参した場合に限り、無料でシェービング・サービスを受けることができます。ただ、脱毛コースによっては、有料のサービスになります。例えば、1部位につき1,000円でシェービングを受けられるコースがあります。

このように、自分でシェービングするのが難しい場合、無料もしくは有料でサロンに手伝ってもらう方法もあります。脱毛を始める前に、シェービング・サービスについて、確認しておくと安心ですね。

なお、当サイトの管理人である私のイチ押しは、ミュゼ・プラチナムです。冒頭でお伝えしたとおり、私は、ミュゼ・プラチナムでVIO脱毛をしています。Oラインは、自分では本当に剃りにくく、ミュゼ・プラチナムのサービスにはとても助かっています!

ミュゼ・プラチナムの公式サイトはこちら

まとめ

このページでは、VIOのシェービングの方法について、お話ししました。

VIOのシェービングは、あらかじめアンダーヘアをハサミで短くカットし、鏡で陰部を確認しながら電気シェーバーを使って行います。このとき、毛の流れに逆らって、根元から剃るのがポイントです。

事前に肌を清潔にしたり、温めたりすることで、肌トラブルを防ぎ、剃りやすくすることができます。シェービング後は、冷却・保湿ケアをすると良いでしょう。

自分ではどうしても剃りにくい場合は、脱毛サロンで剃ってもらう方法もあります。脱毛を始める前に、シェービング・サービスについて、確認しておくと安心です。

金沢市の脱毛サロンを徹底的に調査したワタシのおすすめは、こちらのページで紹介しています。ぜひ読んでみて下さい!

金沢市の脱毛サロンおすすめランキング!金沢市で脱毛するなら、このサロン!

金沢市の脱毛サロンおすすめランキング

ランキングのバナー 金沢市で脱毛するなら、このサロン!